幼稚園の保育内容

幼稚園の保育内容は、「健康」「人間関係」「環境」「言語」「表現」と幼稚園教育要領に示されてます。

この起源はドイツのフレーベルの構想の中にあったもので、彼が作った「キンダーガーデン」をお手本にしています。

保育所に比べると教育機関としての位置づけです。

幼稚園の教育・保育内容の基準は幼稚園教育要領(文部省告示)によります。

これは学校教育法施行規則の一部で守らなければならない義務があります。保育時間は4時間(標準)となっていますが、保育園と変らない長時間保育の幼稚園もあります。


幼稚園の目的は、幼児を保育し、適当な環境を与えて
その心身の発達を助長すること(学校教育法)に対し、
保育所の目的は日々保護者の委託を受けて、
保育に欠けるその乳児又は幼児を保育する(児童福祉法)ことです。


幼稚園は教育・保育の内容の基準が幼稚園教育要領に定められていて、これらを学校教育法によって守らなければならないという義務があります。

したがって小学校などと同様で幼稚園は教育機関という位置づけになっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。