幼稚園とはと保育園の違い

幼稚園は文部科学省が管轄し学校教育法に規定される教育施設であり、保育園は厚生労働省が管轄し児童福祉法に規定される「児童福祉施設」で。


このように根拠となる法律や行政の管轄が違いますが、幼児の保育という面では似ています。

幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省と管轄が違うように、幼稚園教諭は教育職員免許法に基づき、都道府県教育委員会の免許を受ます。


保育士は、児童福祉法に基づき都道府県で保育士登録を受け、初めて有効になる国家資格です。


幼稚園は文部科学省所管の学校であり、大学までの教育体系の中の一環として組み込まれており、保育所は厚生労働省所管の児童福祉施設であります。


「保育園」と呼ばれることが多いが、正式名称は「保育所」であります。


保育園と幼稚園は小学校入学前の子どもが通う施設ですが、保育園は児童福祉施設のため、ゼロ歳から入所でき、年齢によって保育士の数が決められているのに対し、幼稚園は学校教育法に則って満三歳からの入園が許可されている教育施設です。


幼稚園は文部科学省の所管で教育施設のため、
教育・保育内容は幼稚園教育要領で定められていて、
学校教育法が根拠となります。


また、保育時間は4時間が標準ですが、
私立幼稚園では少子化対策として預かり保育が実施さ、
保育園と変らない長時間保育を実施する園が増えています。

幼稚園の保育内容

幼稚園の保育内容は、「健康」「人間関係」「環境」「言語」「表現」と幼稚園教育要領に示されてます。

この起源はドイツのフレーベルの構想の中にあったもので、彼が作った「キンダーガーデン」をお手本にしています。

保育所に比べると教育機関としての位置づけです。

幼稚園の教育・保育内容の基準は幼稚園教育要領(文部省告示)によります。

これは学校教育法施行規則の一部で守らなければならない義務があります。保育時間は4時間(標準)となっていますが、保育園と変らない長時間保育の幼稚園もあります。


幼稚園の目的は、幼児を保育し、適当な環境を与えて
その心身の発達を助長すること(学校教育法)に対し、
保育所の目的は日々保護者の委託を受けて、
保育に欠けるその乳児又は幼児を保育する(児童福祉法)ことです。


幼稚園は教育・保育の内容の基準が幼稚園教育要領に定められていて、これらを学校教育法によって守らなければならないという義務があります。

したがって小学校などと同様で幼稚園は教育機関という位置づけになっています。

保育園とは

保育園は保護者が働いているなどの何らかの理由によって
保育に欠ける子供を預り養育することが目的の児童福祉施設のため、保育時間が8時間と長いことや給食施設の完備、
運動場の広さなど、家庭保育を補完する生活の場という
位置づけされています。


保育園は児童福祉施設最低基準や保育所保育指針に基づいて、
年齢や子どもの個人差などを考慮した保育を行う。

内容は幼稚園と同じ5領域を根本にして、
遊びを通して学ぶことで生きる力を育てる目標がありますが、
教育機関よりも家庭生活の補完という位置づけです。


保育園の教育・保育内容の基準は保育所保育指針によりますが、
幼稚園のように法律ではなく、あくまでも指針です。

また、3歳児以上の教育的な内容については、
幼稚園教育要領に基づきます。

保育時間は原則8時間ですが、
延長や夜間の保育を実施する保育園もあります。


保育園の保育の内容は保育所保育指針によって提示されていますが、法律で定められてないので義務ではありません。

3歳児以上の教育的な内容については、
幼稚園教育要領によるとされていて、
保育時間やお昼ねなどの生活パターンの違い以外は
似ているところが多いです。


保育園は厚生労働省の所管で児童福祉施設のため、
保育所保育指針によって内容が示されているが義務ではない。

3歳児以上の教育的な内容は、幼稚園教育要領によるとされているように、お昼ねなどの生活パターンは違いますがその働きは共通点も多いです。

幼稚園と保育園

少子化対策の一環として保育ニーズの多様化に応えようと
幼保一元化の動きがあります。

保育所は保護者の就労に関係なく利用できるようにという要望。
幼稚園は保育時間を延長して就労している保護者も利用したいなど。
が代表的な意見です。

少子化対策の一環として、子育て支援の意味からニーズが
多様化してきているため、本来所管の違う幼稚園と保育園の融合を
望む声があります。

この幼保一元化の動きは、2007年4月、
認定子ども園としてスタートする予定です。

このように所管が違うだけで似ているところの多い幼稚園と保育園を
一元化しようという動きがあります。

これは子育て支援として多様化するニーズに応えるためで、
認定子ども園として、2007年4月より実施予定です。

少子化と子育て支援として、幼稚園的機能および保育所的機能を
有する施設のニーズが高まっています。

主なニーズは幼稚園の保育時間の延長や保育園の親の就労に関係なく利用したいなど、これを幼保の一元化といい、
2007年には認定子ども園の実施が予定されています。


このように所管が違うだけで働きが似通ってきた幼稚園と保育園を
一元化してしまおうというニーズがあります。

少子化と子育て支援の一環として、
長時間の保育・保育内容の教育的充実・親の就労と
関係なく利用できる施設ということで
認定子ども園の実施が予定されています。
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。